HM17 ホルン四重奏『FOR フルーツバスケット』

  • 作曲:岡崎律子
  • 編曲:小口 遥
  • 出版:ASKS Winds
  • 価格:電子版 2,750円 / 紙版 3,520円

この曲を初めて聞いたとき、私はこの歌がオープニングとして採用された「フルーツバスケット」という作品が大好きでした。

その作品がきっかけでこの曲の作者の岡崎律子さんのことを知り、
彼女の声や音楽が持つ、どこまでも透けてしまいそうな透明感、寄り添うような言葉に魅了されました。

どちらかというと透けるよりはどっしりと重くなってしまいがちなホルンの音ですが、
この曲を演奏するときは軽やかかつ伸びやかなフレーズ運びを意識すると、原曲の持つ雰囲気を出すことができるのかなと思います。

今回は一人が歌い上げるということを意識したかったため、ソロのメロディーパートと3つのアンサンブルパートという構成で作っています。